読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頑張りすぎず、頑張る

ゲーム制作、アプリ開発、プログラミング、その他諸々書いていきます。

とりあえず、作りたいものについて考える

どうも。
前回初めての記事作成を行って、早1週間弱経過しました。
時間の流れというものは早いもので、日々の仕事に追われ、自主制作は全く進んでいません泣。

今週は今後やっていきたいことを掘り下げていきたいと思います。

・今後進めていきたいこと

・開発環境整備
・共通機能(テンプレ)作成
・プログラミング学習
・デザイン関係学習

今なんとなく考えている、進めていきたいことは上記にある4つに関してです。
ちょっと細かく書いていきますね。

・開発環境整備

基本的にゲーム開発のために必須 or あったほうがいいものに関することになります。
いろいろあるんで項目毎に挙げていきます。

1.【Unity・Unreal Engine4】
これら二つはゲーム開発をするなら今や必須といっても過言ではないですね。
もちろんほかの手段もありますが、個人でも楽に進められるのは大きいかなと。基本無料だし。
個人的には業務でUnityを使っているので、こっちをメインで使っていくつもりですが、
自分の経験のためにもUE4も使っていきたいと思います。
UE4のブループリント、ものすごく興味ありますし、使えるようになってみたいですし。

一応Unityはすでにインストール済み。
UE4は様子を見てインストールしようかなと。

2.【Git環境の準備】
SourceTree等をインストールして、自宅の環境でもリモートリポジトリを利用した開発ができるようにする必要があります。
やはり、会社でも利用していますが、個人で開発するにしてもGitは使えたほうがいいです。(複数人数がいるなら必須)
ブランチを切ったり、作業を戻せたりできるので、作業を行うことが不安になることは無いし、
どういった更新をしていたかが一目でわかるので、たまにデバックにも使える場合もあります。

自分でサーバーとかを持っているわけではないので、使うなら「GitHub」か「Bitbucket」を利用したいと思います。
なんか最近は「GitHub」を転職活動で使用するエンジニアもいるらしいし、そういうものも一個くらいもっててもいいのかなー。

3.【エディタ準備】
これは自分は「VisualStudio」一択。
正直使い慣れててこれ以外はあまり考えられない。
というか個人的にC#とかC++とかするんだったらこれで良くね?感はある。
こういうのはほんと主観バリバリ入っちゃうんで、何でもいいです。

開発環境整備に関してはこんなもんですかね。
たぶん、これだけ準備すれば困ることはそんなにないはず。。。

・共通機能(テンプレ)作成

ここでいう共通機能というのは、ゲーム開発を進めていく上で、
必ずといっていいほど必要になる機能のことを指しています。
例えば、入力処理やFSM、UI管理やオブジェクト管理(プール)とかが挙げられるかと思います。

これらはちゃんとしたものを作って、機能毎に切り分けしておけば、
いちいち新しいゲームを作る際に用意しなくても良くなります。
別のゲームを作るたびに入力関係の機能を作り直すのは面倒ですよね?

まぁもちろんこっちのほうがいいとか改善は必要になると思うので、それは随時更新していきます。

この辺は自分で一から作ったことってあまり経験したこと無いので、自分の勉強にもなるかなと。

・プログラミング学習

これはぶっちゃけ終わりはないので、随時って感じです。
自分はUnityを触るところから本格的にプログラミングを始めました。
あまりプログラミングの基礎っていうのは学ばず、ノリと勢いでここまで来てしまった節があるので、基礎的なところから現在です勉強中。
最近読んだのは「プリンシプル オブ プログラミング3年目までに身につけたい一生役立つ101の原理原則 | 上田 勲 |本 | 通販 | Amazonです。
Unix関係の部分はちょっと難しかったですが、全体的にわかりやすく、為になりました。
読んだ本について書いていくのもいいですね。

・デザイン関係学習

これまた終わりのない学習関係です。
デザインは、ゲームを作る上でかなり重要なファクターです。

正直言ってあまり得意な分野ではないのですが、
簡単な3DオブジェクトやUI画像などは作れるようになりたいです。
まぁUnityならアセットストアで買っちゃうというのも手なんですが、せっかくなので、できる範囲で自分の手を使って、作っていきたいと思います。

最後に

結構長くなってしまいました。。。
最後のほうになればなるほど文章が短くなっている。。。
計画性のなさが露呈していますね。

仕事もちょっと忙しく、直近はあまり時間を割けないかと思いますが、ちょっとずつ進めていきたいと思います。

ちょっと今日はもう時間がないのでこの辺までで。

ではまた。